今日の礼拝

2019年5月19日(日)主日礼拝後。

今日もおだやかな日曜日でした。

今日の礼拝説教のタイトルは、「あなたがたの信仰はどこにあるのか」。

「あなたがたの信仰はどこにあるのか」との主イエスの言葉に、
「そうだ、いつもどんなときも、主イエスが共にいてくださるではないか」ということを改めて気づかされました。

信仰とは、信頼です。

イエスと共に歩む中で、弟子たちはイエスが何者であるかについて、次第に理解を深めていくことになります。

それは知的にというよりは、体験的にです。

私たちも、そういうことを積み重ねて、主イエスは信頼するに足るお方であるということを知るようになります。

キリスト教信仰とは、イエスを信じ、信頼し、日々の生活の中で彼が私たちと共にいてくださることを体験していく歩みなのです。


礼拝後は、しばらくおしゃべりして、玄関先では「花の話」に花を咲かせました。花好きな方が多いのです。

画像日中の気温は28℃。

ちょっと暑くなってきましたね。
日差しも強くなってきました。

画像画像

アズーロコンパクト、サフィニア、ワイヤープランツ、ノースポール、ラベンダー、ユリオプスデージー、マーガレット。ケイトウ、ハゴロモジャスミン、ヘデラ、オステオスペルマム、スィートアリッサム…

画像手前は、ブルーサルビア、ユーフォルビア、ジニア、ヘデラの寄せ植え。

奥は、コニファー、ガーデンシクラメン、ヘデラの寄せ植え。


花を見てると、いやされますよねえ。